ドラマ「アンサングシンデレラ」のあらすじとキャストを紹介【田中圭出演】ネタバレなし

目次

ドラマ「アンサングシンデレラ」の予告編動画は、こちら

原作は、マンガ

日本の漫画作品で、医療原案を富野浩充が担当し荒井ママレさんが漫画家になります。

2020年7月16日から、石原さとみが出演でテレビドラマ化をしました!

『アンサングシンデレラ』のキャッチコピーは、「患者の未来と、向き合っている。見えないところで、支えている。

アンサングとは?

また、タイトルにある形容詞のアンサング(unsung)とは、日本語で「讃(たた)えられない」の意味であり、unsung を用いたイディオムには、「縁の下の力持ち」を意味する unsung hero といわれています。

ドラマ「アンサングシンデレラ」のあらすじ

病院薬剤師の主人公の葵みどりが、自身と薬剤部のメンバーを中心として、医師、看護師、外部の薬剤師などの医療に関わる役割の人物との間に起こる問題に、向き合っていく。

また、患者の未来と向き合い、支えていく。

薬学部副部長の瀬野(田中圭)の病状は、どうなっていくのか?

精密検査を受けた結果、瀬野は非小細胞肺ガンのステージ4と宣言される。

また、他の内臓にも腫瘍が見つかり余命3ヶ月の重複ガンと診断されてしまう。

ドラマ「アンサングシンデレラ」の出演者・キャスト

  • 葵みどり・・・石原さとみ
  • 相原くるみ・・・西野七瀬
  • 小野塚 綾・・・成田 凌
  • 刈谷奈緒子・・・桜井ユキ
  • 羽倉龍之介・・・井之脇 海
  • 工藤虹子・・・金澤美穂
  • 販田聡子・・・真矢ミキ
  • 辰川秀三・・・迫田孝也
  • 七尾 拓・・・池田鉄洋
  • 荒神寛治・・・でんでん
  • 瀬野章吾・・・田中 圭

ドラマ「アンサングシンデレラ」の感想

“生きる希望”を、『アンサングシンデレラ』は伝えてくれます。

医師や看護師との連携、患者の気持ちや未来に寄り添っており、お互いの命と時間を大事にしているなと感じました。

主人公の葵みどりが、後輩に『感謝されたいの?』というシーンがありますよね。

私は、『うわー、痛いところ言うなー!当たり前でしょ!』と感じましたが、ドラマを観ていくにつれて、その言葉には、意味があったんですね。

また、豪華な芸能人揃いなのも良いところです!

是非、観てほしいです!

ドラマ「アンサングシンデレラ」のレビューを調べてみた

発達障害児は集団生活を送る中で困難を示すことが多く,保育士が「気になる子」という形で気づくことが多い.「気になる子」は多くの場合,発達障害が疑われる子どもという文脈で使われており,その気づきは発達障害の早期スクリーニングになると言われる…

不謹慎みたいに思われるかもしれないけどたまたま最近『トレース』とか『アンサングシンデレラ』とか科学捜査・医療系の漫画を並行して読んでて、

アンサングシンデレラ1話から読み始めたのは最近だけど、知ったきっかけはワクチン忌避ママ回で、自分も子ども小さいとき検索かけてそれ系ツイート見てうっかり自然派傾きそうになったことあるからさー。医療系作品ふれてやばツイート除けれる知識つけ予防大事かもなー

自分のタイムラインの広告にアンサングシンデレラよく出るのがこれまた続きが気になる感じでまんまとハマった。漫画PR自分に合わないのばっかだと思ってたけどたまにあうのに会えるとうれぴ。残酷なシーンPRはやめてほしいっぴ

ドラマツアーズ関西もやってくれるよね、、、? 前なぁちゃんのアンサングシンデレラの時はちょっと遅れて夜中にやってたから今回もしてくれるよね、?

好きな漫画:アンサングシンデレラ かな

アンサングシンデレラの小野塚いいな…表情筋が笑顔のために使われない男…

アンサングシンデレラいいドラマだったな 色々批判があったらしいけど 各話に二項対立の物語があってそれを比較させるってのが最後まで一貫してて 構造的な見方だけど見終わった時の満足感は結構あった (もともと推し目当てで見出したんだけどね) アンサングシンデレラ

薬剤師のドラマの主人公

葵みどり: 石原さとみ(幼少期:堰沢結愛)

薬剤部の薬剤師をしており、薬剤師歴は8年目。

過去に、白血病で妹を亡くした際に、薬剤師に助けられたのをきっかけに、この道を進む。

薬に対しては、人一倍の信念を持っていて、常に一人でも多くの患者を救いたいという思いでいるが、それが故に患者に深入りする傾向がある。

仕事熱心で人想いな性格である。

まとめ

たくさんのドラマや映画、バラエティにも活躍をしている石原さとみさん。

法医学ミステリードラマ、TBS『アンナチュラル』(2018年)は、記憶に新しい石原さとみさんですが、フジテレビドラマで、医療従事者を演じるのは、新米ナース“あおい”の成長を描いた民放連ドラ初主演作『Ns’あおい』(2006年)以来14年ぶりだそうです。

また、ドラマや映画、舞台などでは、できるだけメイクは自分でするようにしているらしく、このドラマもそうなのではないでしょうか?

石原さとみさんによる目薬講座

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次